エアコン購入や処分方法

暑い現代ではエアコンが手放せませんが…!

home sitemap

エアコン・クーラーの新規購入のタイミングと処分の手順

熱帯夜の続く真夏の酷暑の季節や真冬の手足が心から凍える時期にエアコンディショナが無いと、とてもじゃないが安眠できないという人々が数多くいると思います。

私たちの快適な生活を技術的な側面から日々、支えてくれる冷暖房装置は代替え不可能な家庭用電化製品です。 しかし、現在製造されている家電で永久的に使用できる製品は存在しません。 近頃、どうもエアコンの動作がおかしいと感じる方は買い替えのタイミングかもしれません。 さて、基本的に一般家庭用の空調システムが何の問題も無く使用を継続出来る期間はどれぐらいなんでしょうか? 実際には一概には言えないというのが真実です。例えば、人はそれぞれ違いがあります。暑がりの人もいれば寒がりの人もいます。経済的な状況も差異がありますし、我慢の限界度合いにも差があります。 また、製品自体にも大きな個体差があります。維持管理方法によっても変わってきます。

そこで、故障に近づいているかどうかを判定するポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

操作性の問題

エアコンのどこを診れば良いのでしょうか…

  1. 電池の寿命が切れた以外で急に電源のスイッチが入力できないとき
  2. 風向を調節できない
  3. 冷房ボタンを押しても暖房になる

また、機械の中でショートや漏電が発生していると、分電盤のブレーカーが頻繁に落ちるようになります。

メーカーの修理サービスを利用することを第一に考えると思いますが、一般的には修理料金は多額になる場合が多く、改めて購買したほうが安価に付く場合が散見されます。

処分の仕方として念頭においてもらいたいことは、クーラーは家庭電化製品リサイクル法の規制対象になっていることです。つまり、各区市町村のゴミ収集で鉄くず等の資源ゴミとして回収してもらうことが出来ない点です。製造メーカーか電器屋か廃品回収業者やリサイクル会社に引き取ってもらうしかありません。他にも、疑問や質問があれば当社へ何なりとお申し付けください!

廃品に際する情報や知識は、意外に知り得ることが難しい世の中のようです。安易に、また思い込みで依頼してしまうと思わぬ多額費用を請求される場合もありますので、どの方法で廃棄する準備を行うべきなのか、依頼内容を精査すると良いでしょう。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP