廃品回収の福岡テイトクでは仏壇処分、その他廃品回収します!

福岡市中央・南・城南・東・博多・西・早良区での廃棄、捨てる、捨てたい、回収はおまかせ!

home sitemap

仏壇の処分方法は(廃品回収の術)?

理由は十人十色、様々だと思いますが、ある日、仏壇の処分が必要になった時に、果たして「どうやって処分したらよいのか?」悩まれるケースが多いのではないでしょうか。

近年は狭い住宅・核家族化などの家庭事情もあり、大きな仏壇を置くスペースがそもそもないことが多く、先祖代々の大きな仏壇を継承していくことは、事実上無理になってきました。

大きい仏壇は処分し、現在の生活環境に合うスタイリッシュでコンパクトな仏壇への買い替えを検討される方も増えてまいりました。そこで、基本的な仏壇の処分補法を3つ、それぞれのメリット・デメリットや注意点、供養方法などを交えてご紹介してまいります。

開眼法要の確認

まず、事前に、開眼法要が行われていたかを確認する必要があります。魂入れとも呼ばれ、仏壇が故人の魂を納める役割となっている場合です。処分する前に、必ず閉眼法要を行う必要があります。魂抜きと呼ばれ、これによりただの物へと戻ります。 菩提寺や近所のお寺でも受けてくれますが、「法事法要の寺院手配サービス」というのもあるので検討されてもいいと思います。

さて、魂抜きを終え、仏壇を廃棄するのですが、以下の3種類を参考にしてください。

お寺

閉眼供養をお願いしたお寺で相談してみると引き取ってくれる場合があります。

仏具店

仏壇の販売と処分をセットで行う仏具店は多いようです。

粗大ごみ

閉眼供養を行った後は、ただの木箱となります。その為、粗大ごみとして 自治体に出すことも可能です。処分料は大きさで多少変わりますが、ご自身で解体できれば、燃えるごみとして出すことも可能です。

処分料金を抑えたい場合は上記の方法はよいと思いますが、手間や労力がかかります。

以上を踏まえた上で、不用品回収業者へ依頼するという選択肢もあります。当社のような不用品回収業者のメリットは何と言っても、お客様のニーズに状況に合わせたきめ細やかなサービスです。

例えば、大きな仏壇をお客様は運び出す必要はなく、当社が設置場所から、お部屋の壁や畳、床を傷つけないように運搬いたします。また、見積もりや運び出しの日時も、お客様のご都合に極力合わせ、営業日以外でもご相談いただけます。お気軽にお問合せ下さい。

最後に、福岡市内の皆様、仏壇の引き出しは必ずチェックしてくださいね。大切な思い出が入ったままになっているかもしれません。その他の地域において、春日・筑紫野・太宰府市・筑紫郡の皆様はこちら宗像・古賀市・糟屋郡の皆様はこちら

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP