電子レンジの廃品回収も福岡テイトクへ

家電一式お任せください!

home sitemap

電子レンジの耐用年数と処分方法

多忙な生活を送る現代人の生活スタイルを食生活の面で多大にサポートする電子レンジですが、皆様はその歴史をご存知でしょうか? 今回はその成り立ちを紐解くと共に、マイクロ波オーブンの使用期間と買い替えのタイミングと廃棄方法をご紹介しますので、ぜひ参照してみてください。

電子レンジの廃棄を詳しく

マイクロウエーブ自体は電波探知機等で活用されていましたが、これを加温に利用するという発想は偶発的に誕生しました。 米国の軍需製品メーカで働いていていた、一人のレーダー技師が発振用真空管の一種で、電波の一種である強力なノンコヒーレントマイクロ波を発生する装置の前に立っていたところ、ポケットの中のチョコレートバーが溶けていたのを発見して、それを料理に転用することを思いつきました。 日本でも、同時期の第二次世界大戦末期に帝国海軍の研究所等で敵機を遠方より攻撃する目的で開発研究が行われていましたが、製品化前に戦争は終了しました。 戦後、アメリカ合衆国では商品化されましたが当時は初期のパソコンのように巨大で消費電力も桁違いに大きいものでしたが、市場の反応はすこぶるよく競合会社も次々と参入してきて新商品も毎年のように発表されました。 少し遅れて、日本でも市場に出回り始めましたが初期の頃は国民の関心はそれほど高くはありませんでした。 しかし、徐々に便利性が、メーカーの宣伝攻勢の影響もあり浸透していき、販売台数を順調に伸ばしていきました。 時の経過と共に、小型化、多機能化、オーブン調理が可能なものへと進化していき、現代では私たちの生活に無くてはならないものとなりました。

さて、肝心の買い替え時ですが普通に使用していれば10年近くは動作不良を起こさずに利用することが出来ますが、他の家電製品との違いは、西日本と東日本地区で異なる商用電源周波数に影響される商品もあり、引っ越しの時に処分を余儀なくされる可能性もあります。この場合は有料で製造元に改修を依頼することも出来ますが。新品の製品を新規に購入したほうが安価になる場合があります。 予算と相談してみて、地元のごみ収集で廃棄、もしくは廃品回収業者に処分・買取を要望することをおススメ致します!

シーン別の廃品回収一覧

大型家具オフィス・事務所リサイクル品遺品整理リフォーム・解体粗大ゴミ家電・電化製品引っ越し

このようにあらゆるシーンにて、お片付けのお手伝いを致します。夜間でもお受け致しますので、お気軽にご用命ください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP