大型家具の処分も当社なら経済的です

先ずはお気軽にご連絡ください!

home sitemap

経済的な家具の処分方法

ベットを例に…結婚や引越し家・マンションのリフォーム、単純に壊れてしまったなどベッドの買い替え時期は多様にあると思います。部屋のインテリアを変えて気分を一新させて新たなリフレッシュなスタートをきりたいときも効果的かもしれませんね!

理由は様々であると推測いたしますが、結果的に巨大で部屋のスペースを占有してしまう古いベッドは廃棄処分する必要性がでてきます。背景としては、核家族化が増える中で、大人数で使用するような広い部屋が少なくなったことや、結婚しない人も増えており、単身者用の1DK等に住んでいることもあると診ています。そこで今回はその手順をご紹介しますので、ぜひご参考にしてみて下さい。 大別して二つのやり方があります。

家具処分2大手法

一つ目は、居住している各地元区市町村の粗大ゴミ回収サービスを利用して廃棄する。

それぞれの地方行政機関によりルールは変わってきますが、そこまで大きな差異はありませんが、基本的な流れとしましては、第一に自治体の環境課に電話で連絡をして、指定されたゴミ回収場及び、収集日時を聞く。 その後に、寝具やマットレスのサイズにあった料金のステッカーを購入する、ベッドに貼り付けて自宅から運び出す場所に搬出することになります。

デメリットとしましては、旧式のタイプのものは製作技術の関係上、尋常じゃなく重いです。また、比較的新しい型の製品も個人のライフスタイルを反映して棚つきや照明つきや収納スペースが確保されているものなど巨大で重量が大きいベッドが多いです。

その結果、指定された場所までの搬出作業が重労働になってしまいます。特段、お年寄り方や女性一人の場合は困難を極めるものと推測いたします。

また、申し込みやシール券の購入の手間や、繁忙期は長い間待たされる可能性も否定できません。 そのような状況下では金額と相談しつつ、弊社のような専門の不用品回収業者に依頼してみることをおススメ致します。 当社はお客様のご都合を最優先に考えさせていただき、プロフェッショナルで経験豊富な作業員による迅速な対応、また面倒な解体作業もお客様の手を煩わせることはありません。

これを機に一括で大量に廃品処分をすることで低価格で経済的になる可能性もあります。 遺品整理代行などのサービスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。全てはお客様の為に、片付けのプロとして綺麗にコーディネート・整えていきたいと思います。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP