廃品回収について中身をよく知る

業界のことも知っておくと便利です!

home sitemap

廃品回収とは

不用品・廃品回収について先ずは簡単にご説明致します。廃品の定義や回収出来る品目、作業上の注意点や手法・方法、法規制も含めた周辺事情に鑑みて行うことが求められています。環境問題にも通じる守るべき概要もありますので、先ずは依頼する前に、きちんと廃品回収業者の指示に従いましょう。また、まれに悪徳業者もいますので、事前情報も準備して確認するようにしましょう。また、クーリングオフという制度がある事もお忘れなく・・・。

再資源を利用し社会に貢献!

再資源モデル

廃品回収(はいひんかいしゅう)とは、再生可能な資源となる廃品を、再生する目的で回収することです。また回収することにより対価を得ることとなります。ちり紙交換も廃品回収の一種であると言える。町内会や小学校保護者会で行うことが多く、これが財源となります。

回収の対象となるものは主に新聞紙や段ボール紙などの紙資源や、瓶、タイヤなどが一般的です。 軽トラックを使って回収して回ることが多く、作業の円滑化ならびに社会勉強のために、回収作業を地域の子供たちに手伝わせることが多い。子供たちの人数が多い場合、子供たちは歩いて作業することになります。 これらを業として行う者は一般的に廃品回収業者・不用品回収業者と呼ばれるが、環境省ではこれらの業者を不用品回収業者という呼称で統一しています。

違法な悪徳業者にご注意ください!

違法業者

一般家庭から粗大ごみを有料で回収するためには、当該市区町村による一般廃棄物収集運搬の許可が必要

また、品目によっては家電リサイクル法、パーソナルコンピュータであれば資源の有効な利用の促進に関する法律(通称「PCリサイクル法」)の適用対象となります。近年、ポスティングや軽トラックに搭載した拡声機で宣伝する無許可業者があらわれ、無料回収をうたいながら料金を請求する、不用品を積み込んだあとで法外な料金を要求する、回収を依頼していない物品まで無理やりトラックに積み込む、有料で回収したものを適正に処分せず不法投棄する等のトラブルが全国で多数発生しています。それを受け、国民生活センターや地方自治体から利用しないよう警告が出ている。2010年8月には一部業者への家宅捜索および営業停止処分も行われました。同時に消費者庁が警察へ告訴し、経営者らが廃棄物処理法違反(無許可)容疑で逮捕・起訴された。環境省からも地方自治体に向け、許可のあるなしに関わらず廃棄物を扱う業者に対し適切な指導を行うよう通知を出しています。

実は不用品回収業者とのトラブル例も世間ではあります

不要になったTVやDVDデッキ、PC、洗濯機、タンス、食器棚などを処分でお困りではないですか。 時にはゴミ屋敷処理や遺品整理等不用品回収業者に頼らざるを得ないこともあると思います。 そこでは、業者と消費者(利用者)の間で、トラブルとなる事もあります。全国の消費生活センター等に寄せられる廃品回収サービスに関する相談の中でも金額が圧倒的だそうです。

何が無料で何に料金・費用が掛かるかという区分けをきちんと行うことが重要です。そのため、見積り内容を事前に確認しましょう。宜しければ、当社においての不用品・廃品回収口コミページもご参照ください。いつもお客様第一主義で実践していきます。

不用品・廃品の主な処分方法

  1. 不用品回収業者への依頼
  2. オークションサイトでのネット販売
  3. リサイクルショップへの買取依頼
  4. 引越し会社に依頼
  5. 知人へ売却
  6. 自治体サービス採用

違法な廃品回収業者による騒音被害への対応策

近年、免許を取得していない違法な不用品回収業者による騒音被害の苦情件数が驚異的に増加しています。 皆様も、週末に一週間分の仕事の疲れを取るために気持ちよく安眠していたところ突然のけたたましい拡声器による大音量のリサイクル業者による宣伝でたたき起こされた経験はありませんか? ここでは下記にそのような場合の対抗策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まず最初に、あまりおススメしない方法からご紹介します

直接業者のところへ行き、拡声機を使用しないように頼む。 なぜかというと、実際に話を聞いてくれる業者が少なく、場合によってはトラブルに発展する恐れがあります。 あまり現実的ではありません。それではどのような方法があるかというと。

各地元地域の役所へ苦情を陳情する、もしくは警察治安当局へ通報

昨今は、各市区町村のウェッブサイトから市民の声やクレーム、要望を受け付けている場合も多い。これらの方法は、便利で簡単で利用しやすいサービスです。ただ、あまり成果の期待できない方法でもあります。 私も個人的に自分の居住している地区の管轄の区役所に相談しましたが、この方法には重大な欠点がありました。  それは、お役所仕事なので土日祝日は巡回して取り締まることが出来ないとの回答を頂いたからです。  そこで、役所の職員の方に提案されたのは警察に通報することでした。 説明によりますと、警察のほうにも近年、違法な廃品回収業者による騒音に対する苦情被害の電話が増加しているらしく、市役所と密に連携を取りつつ取締りを強化しているとの話でした。パトカーが常に巡回しており機動力があり即座に対応でき、また逮捕する権限も保持しているので違法な業者の軽トラ等を発見したら直ちに通報してくださいとのことでした。 また、そのときは車のナンバーを控えた上で連絡するようにとの事です。

自治組織やアパート等のマンション管理組合に相互に連携を取り対策を取る

町内会などの地区の組織に要請して、数名でその代弁者として地元自治体(市区町村役場)に苦情を提起する。こうした方法は、近隣の互助関係が必要不可欠だが、最も実際的で成果の期待できる方法です。  自治会などの社会システムを通じた陳情は、行政側に対しても代議士に対しても大変に肯定的な結果が期待できます。個人の意見や要求は、それがたとえ合理的に確立した権利に基づいたものであったとしても、社会的に極めて脆弱なポジションに置かれています。行政機関の協力を取り付けるには数の力がどうしても必須になります。  自治会が協力的でない場合にも、地域の住人が数名集まって請願するだけでも、公的機関の反応が劇的に変わり、確固な進歩が期待できます。少人数でも記名を集めておくと、さらに役所での交渉時に有効になります。  依頼する内容としては、監視見回りの実行・増強と、「拡声機で近隣地区を巡回している不用品収集車は、非合法ですので、絶対に利用しないでください」と記述した回覧板を地区に回してもらうことです。これだけでも効果を上げた自治体はあります。

アクションは区域単位で

新興ベッドタウンや大規模マンションの乱立している地区など、町内会のような団体が機能していない局地的結びつきの脆弱な場所ほど違法な廃品収集業者のターゲットになっています。このような騒音トラブルは、地域単位で協力することで早期に決着します。  信任できる地域的な団体が無い場合は、個人で呼びかけを行うという方法もあります。区役所への陳情申し立てに参画できる方連絡ください、といった文面のチラシを作成してマンションやアパートの玄関ホールにある掲示板に張付ける。あるいは近隣に配布する。数人でも集まればそれだけでも役所の応対は変わります。拡声機を使用しての宣伝活動禁止についてという内容で署名活動を行うということも、自治組織の機能していない地区などでは個人で開始できる方法としては効果的です。

個人的な話ですが、私自身も当時住んでいたマンションの方々の署名を集めて不当に高額だったプロパンガス料金の値下げに成功した経験があります。そのため、記名活動は非常に有効な対抗策になります。

簡潔に申しますと、自分の異議が個人だけのものという形にしないことです。個人で不服を述べても、いかに相手にされないかということを実感して終了し、後には深い虚無感と吐露だけが残ります。  博多区の古い一軒家が立ち並んでいる地域に居住していたときは、殆ど廃品回収の軽トラの騒音を聞くことがなかったが、城南区のワンルームマンションが乱立しているに地区に引越してきたら、毎日のように不用品収集車の洗脳音楽のような声を聞かされる羽目になってしまいました。やはり、地域的なつながりや町内会の重要性を再認識しました。廃品回収とは、このように皆様のご協力も力となり、地域社会を綺麗に保つことができるのです。ひとりひとりの気持ちがとても多大なエネルギーとなって、良い方向へと導くこともできるのです。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP