冷蔵庫の正しい処分方法とは?

環境にも留意した処分の方法があります

home sitemap

冷蔵庫の耐用年数と処分する前のチェック項目

さて、私たちの日々の快適なライフスタイルを維持してくれる電気冷蔵庫ですが、日本では第2次世界大戦後の高度経済成長期に爆発的に私たちの暮らしにのなかに浸透し始めました。 それ以前は、水を活用して食品を保冷する水式で製品も木製のものが中心に普及していました。

その後、オイルショックの頃までに、自動制御で霜を除去してくれる扉が二つあるタイプの冷凍室を完備した商品が一般化しだしました。社会構造の変化の恩恵、いわゆる女性の社会進出の増進や核家族化の影響の余波も受けつつ、同時に登場した電子レンジや冷凍食品と相互に作用して爆発的に生産台数を増加させました。

家電製品の利便性に流され

レンジのスイッチを押すだけで簡単に料理を加熱してくれる利便性は大変なアドバンテージポイントでした。順調に景気上昇が進行していくなかで実生活が豊かになるのとは反対に、個食に象徴される、「家庭でテーブルを囲んで一緒に食事をする」文化が昔日の遺産となっていくプロセスを経て、手軽に食事を温められる手段への需要が拡大していき大衆化していきました。

その後も科学技術の発達と比例していく形で、次々と高性能で多機能のものへと進化していきました。現代では遂に、OSがインストールされてパソコンが組み込まれている機種も製品化されて、ますます便利になり私たちの生活には切っても切り離せない存在となっています。

そんな、白物家電を代表するものですが、一般的に他の家庭用電化製品と比較して極端に動作不良を引き起こしにくいのですが、半永久的に使用できるわけではなく絶対に寿命があります。そこで、買い替えのタイミングをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

実際は、いたってシンプルです。各メーカーに問い合わせをしたところ冷蔵庫の使用年数は約10年との回答を頂きました。パッキンや中身の部品が老朽化して故障しやすくなります。また、製造会社も市場に出て10年もたつと部品の生産をストップするので修理自体が不可能になる公算が高くなります。

最後になりますが家電リサイクル法の規制対象になっているので、法令を遵守して処分しましょう!

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP