遺品整理における問題点とは…

福岡全域遺品整理致します!

home sitemap

現代版遺品整理の問題点と対策方法

さて、インターネットの歴史は1960年代にスタートしました。既存のインフラストラクチャーであったテレックス網などを活用し、1950年代には既に遠隔地域のコンピュータ間の交信や端末との通信は行われていましたが、インターネットの基盤を提供する基礎テクノロジーのひとつである、草創期のパケット通信の研究が開始されたのが1960年代だからです。 その後、イギリスの研究所や主にアメリカの科学財団法人や研究教育組織が主導して切磋琢磨をし研究開発が推進してきましたが、バブル崩壊の頃までは両方向遠距離電子通信で共有されていた情報の全体量のうち、ネットを使用したものは1%未満でした。それが、2000年代後半にはなんと98%以上のデータがオンライン上で交換されているという驚愕の事実の研究結果が発表されました。

このように、情報はペーパーレス化へと進み、デジタルも物として捉えられていくよう時代が変化していったのです。つまり、デジタルも含めて遺品となるのです。

遺品整理もデジタル化の時代

皆さんも一般生活全般にネットが浸透していることが日々実感できると思います。スマートフォンで銀行の口座管理をしたり、SNSを利用して友達や職場関係の人とコミュニケーションをとったり、最近発売されている最新型の家庭電化製品にもOSが組み込まれておりネットに繋がっており、例えば設定をしておくと自動で食品の管理を行い、ネットを通じて商品の注文までするとこまで進化してきています。

このような時代だからこそ、生前整理としてのデジタル遺品の廃棄処分の準備が重要になっています。 まずはなんといっても、パソコンではないでしょうかハードディスクドライブの中には膨大な量の個人情報が満載しています。しかし、残された家族がコンピュータに詳しくない場合は危険です。ファイルをゴミ箱アイコンに捨てるだけでは、完全にデータを消去したことにはならないからです。今現在の現実的な方法は、専用のソフトウェアを使用する、専門の業者に依頼する、物理的に破壊するの三つじゃないでしょうか。

他にも、人により色々とあると推測しますが、まずは一度、自分が何をネットやPCで共有・管理をしているのかを書き出してみて整理をして、個別に処分方法を記述した公式の遺書を作成しておくことをおススメします。

このようにネット社会の今、廃棄はデータそのものも含まれている為、PC内部等の情報管理という観点がとても大切となっています。そして、過去に使用され、今はほとんど見かけなくなったフロッピーディスク、そして今多く利用されているUSB等の保存・格納物はきちんと再現できますので、間違って捨てることのないようご注意ください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP