家電の廃品回収や処分ならテイトクへお任せ!

回収・処分でお困りならば先ずはお電話を!

home sitemap

加湿器の処分手順

さて、特段、秋口から春先までの長い間、大活躍してくれる家庭用電化製品の代名詞といえば加湿器をまず一番に思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、私たちを冷気から防護してくれるストーブやデロンギの電気ヒーターやエアコンを思い浮かべる方もいると推察されますが、それらの器機の使用の反作用の影響として室内が乾燥してしまうという不都合な点があります。冬なのに、夏の大量に汗をかく時期よりも肌荒れが悪化した、部屋を温暖に維持しているのに扁桃腺が炎症を起こして風邪を引いてしまった。このような問題を解決してくれるこの電気機器は相互に作用する必要不可欠な製品じゃないでしょうか?

様々な新興メーカーが進出

現在は、数多くのタイプの商品が各大手、中小メーカーから出ています。格安の値段を武器に中国のメーカーの商品も既に家電量販店やオンラインショップでも散見されるようになりました。 水分を蒸散させて加湿を行うタイプの気化型、頻繁にメンテナンスを実行する必要性がありますが、電力の使用量が格段に微少ですのでエコな観点から人気の商品です!

水噴霧式はどちらかというと、その特異な特質上、一般家庭よりも野菜の保管室や繊維工場でよく目にするタイプのものです。スチーム方式のものはホームセンター等で格安の値段で販売されており、加湿能力も非常に高いのですが消費電力が以上に高いので電気代の負担が大きく圧し掛かってしまうのが難点ですね。

その他にも、超音波方式の製品もあります。水分を極小の粒子に変換して加湿を行います。電力消費量が軽少でありますが、水道水に含まれるばい菌も一緒に排出してしまうために、病気の発症原因になるなどの問題点もあります。特質タイプの商品ではマイナスイオンを放出するものもあります。

沢山紹介しましたが、全ての種類の加湿器にいえることは、家電リサイクル法の規制対象外ですので、各地元地方行政組織により実施されている大型・粗大ゴミの収集日に普通に廃棄処分できることです。 比較的、新しく旧式でないのなら廃品回収業者に買取してもらうと経済的ですね!

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP