廃品回収の資格(福岡県)!

ライセンス制度であり、きちんとした政令に基づいて行うことが求められています

home sitemap

廃品回収と資格について

一般家庭から不用品を回収する場合の一般廃棄物収集運搬の免許、法人から収集するときの産業廃棄物収集運搬の資格、中古品として再販売する目的等で廃棄品を買取する場合の古物商の認可、これらの資格を保有していなくても委託を受けた場合に限り、不用品回収業者として営業をすることが出来ます。 特段、法人化の際の留意点としましては業務を担当する地域の当該地方政府のルールに相違がありますので確認が必須です。

リサイクル業者の使命

いくら日本が不況不況といわれても世界有数の経済大国の一角であるのは揺るぎの無い事実です。このような裕福な国であるゆえに部品や製品が旧式すぎて取り出してもリサイクルして再活用することが出来ないことが国内ではあります。そのような状況でも発展途上国の国々では需要がまだまだあり、格安で調達できることからも重宝されています。目に見えるところでは、世界の中の日本を紹介して大変賞賛するテレビ番組がありますが、その中で中東やアフリカ諸国で大活躍する、日本では一線を退いたバスやトラックやジープを目にしたことのある方もいらっしゃると推測します。 目に見えないところで廃品回収された廃棄物品は、地球資源を枯渇から保護するだけではなく、第三世界や経済新興国の国々の生活の下支えに微力ながらも助力しています。

しかし、残念なことに違法業者による特定家庭用機器再商品化法で規制されている一部製品の不正輸出が問題になりました。

基本的には、廃品の海外輸出には関係省庁、この場合は環境省ですが、その大臣の追認が義務的でありましたが、トラブルが一向に減少しないために指針が改めて厳格化され、監督・治定・罰則も強化されました。 その他にも、理由の1つとして最貧国や新興国を環境汚染から救済する目途で制定された、有毒な資源ごみや投棄品等の対外貿易を統制する為の規則であるバーゼル法。 特に地上デジタル放送移行期に大量に発生した、有毒な鉛が使用されたブラウン管型テレビ、この法律では取り扱いについて詳細に規定されています。

弊社では国内法だけでなく、国際法も遵守して業務を遂行していきます。

家電製品の廃品回収においては、上記のような有毒な物質も含まれている場合がある為、事前の分別が必要となりますし、その知識において、当社は一家言のものを持っていると自負しています。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP