うるさい廃品回収業者を反面教師にしています

日々真摯にお客様と接しています

home sitemap

違法な廃品回収業者に遭遇した場合は即刻警察に通報を!

ここでは、業者との余計なトラブルを回避しつつ、治安当局に通達する絶妙な方法をご紹介しますので、ぜひご参考にしてみて下さい!

巡回中の軽トラを当該地域から追い出すだけなら、車両の前後でデジカメや写真撮影機能付の携帯電話を露出して可視化させれば、大抵のやましいことが無い業者以外は逃亡していきます。 治安機関に取り締まってもらいたい場合は、軽トラックを運転中のドライバーは猜疑心いっぱいで、細心の注意を払いながら周りの警戒を怠っていないので、相手に自分の所在を掴ませないことが必須不可欠です。

  1. 車両番号を控えるときは、その場で番号を記憶して車が通過した後にスマホやメモ帳に記述しましょう。
  2. 望遠鏡等を使用して遠方より追認を!
  3. 証拠写真を撮影する際も、出来る限り後方から
  4. 軽トラの移動方向を通知するのも大変に効果的です。当該地区の名前も前もって準備しておくとスムーズに対応してもらえます。早ければ五分ほどでパトカーが到着します。

業者の対応と対処

あまりおススメいたしませんが、直接的に不用品回収業者の作業員とやり取りをする時は、優先事項で用心してもらいたい点は、相手がどのようなリアクションを起こしたとしても冷静にそれに対処をして、前もって色々な状況に合わせた準備をしておくことです。基本的に二つのパターンに大別できます。

高圧的な態度で接してきて、脅迫的手法を用いてこちらの恐怖心を煽る手段。 反対にこちらを意図的に怒らせて、運転手を攻撃するように誘導して、刑事事件を誘発させてこちらを加害者にする手順。このような策略に対抗するためには、

  1. 脅迫してくる可能性を見越して、録音機械を携帯する。ただ突然だと間に合わないかもしれませんので、スマホをお持ちの方でしたら無料のボイスレコーダーアプリを1つインストールしておくと非常に便利です!
  2. デジカメ等は録画している様子が丸分かりで、相手に盗撮や人権侵害等で喚かれる恐れがあるので、携帯や話題の小型カメラの使用が無難かもしれません。
  3. 予測不可能な事態に巻き込まれる恐れがありますので、携帯電話だけは絶対に忘れずに持っていく!
  4. どんなに脅されても、こちらの名前・住所・携帯番号等を教える義務は無い。 また、その場で話し合いをして、場所は移動せず、相手の車にも乗車しないようにする!

結論ですが、出来る限り警察治安当局等に通報のうえ協力を要請しましょう!

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP