廃品回収の許可制度(福岡県)!

福岡地域にて巡回しています

home sitemap

廃品回収と許可についての考察

一般的に不用品回収と称呼されていますが、簡単に説明しますと再利用が実行できる部品も含めた製品やリサイクルの可能性が僅かでもあるリソースとなりえる廃棄品を、リユーズを主目標に定めて収集して、再生不可能な状況下では処理処分することです。また収集することで報酬または(サービス、損失、)保障として与えられるまたは受け取ることです。 現代ではあまり馴染が無くなってしまったかも知れませんが、昔は頻繁に遭遇した軽トラックで巡回してトイレットペーパーと交換に新聞紙や本や雑誌を集め回ってた業者の形態も不要品回収の1つの種類といえます。婦人会や老人会等の地域の社会組織単位で実施している例も数多く散見されますし、小学生以下の子供さんに社会システムを教育する目的で子ども会を通じて執り行っている地区もあると聞きます。その場合の作業は車両を使用せずに徒歩で行います。

資源ごみの資格保有

資源ごみを有償で回収して搬出するには、営業を行う地域の各地元自治体による許可申請をして認可を受けて、資格を保有することが必要不可欠な事項になります。また、ゴミを出す場所によっても(ご家庭からなのか、それとも事業所や工場等の一般企業からなのか)免許の種類に差異があり、また廃棄品を買い取る場合には古物商許可申請手続をして資格を保持する必要性があります。

しかし、現状としましては行政がごみ回収を業者に委託してまる投げしつつも、認可を降ろさないという矛盾行政も問題になっていたりします。 しかも、委託という形態をとれば合法ですので少々話がややこしいですね。

また、日本以外にも海外ではフリーガンと呼ばれる人々のことが話題になることがあります。 道路上に投棄してある廃品物を回収して再活用する人達を指す言葉です。 語源は無料や自由を意味するフリーと動物性食品も一切とらない菜食主義者を意味するヴィーガンを組み合わせた造語です。大量生産・消費・廃棄型の社会構造に反対する姿勢から、廃品のリサイクルがライフスタイルになっています。

しかし、国により様々であり律令も各国様々であります。 当社はきちんと日本の法令を遵守して業務を遂行いたします。

何かありましたら、何なりと弊社へお申し付けください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP