家電リサイクル法を詳しく説明します

法令順守し規律を守っていきます!

home sitemap

引越し時に家庭電化製品を正規の手順で廃品回収で廃棄する方法

昇進を機に新居を購入したり、急な海外赴任や人事異動による福岡や大阪やその他の都市への転勤、お子さんの小学校入学のタイミング、理由は人様々であると推測しますが、この最高の転機を利用して転居時に不必要になった家庭用電機製品を一括で処分して、新たな場所で新鮮な気持ちで新生活をスタートされたいとお思いの方もいらっしゃることと推察します。

しかし、予測可能な問題をしっかりと認識しておかないと、気分よく開始出来ずに好ましくない結果を引き起こしてしまう可能性があります。 なぜなら、家電リサイクル法が国会によって制定され施行されて以来、各区市町村(委託も含めて)により実施されている各週又は各月の指定日のごみ収集での不燃ごみや資源ごみでの回収が禁止された製品もあるので留意しましょう。

家電製品の法令順守

それでは、まずこの法令について詳細に掘り下げてみましょう。 正式には特定家庭用機器再商品化法と呼称されて、平成10年に制定・15年に改定されました。 目的は、増大していた廃品の総量を減少させて、まだ使用可能な製品や部品の有益な活用を促進するためです。

規定の対象になった品目は、事業用を除外したクーラー・テレビ(ブラウン管、液体結晶、プラズマ方式)・冷凍、冷蔵庫・洗濯、乾燥機(電気・ガス型)の4つです。 消費者が規約で取り決められた料金を支払って処分する必要があります。 基本的に3つの引き取り場所があります。一般的なチェーン展開している家電量販店や町の電器ショップ、製造会社、売却して利益を得たい場合のリサイクルショップや不要品収集会社です。 最後にご紹介した廃品回収業者に依頼するときは、引っ越しの時に家電以外にもベッドやマットレス等の寝具やタンス等の大型家具を処分したい場合や、この機会に徹底的に家の中を大掃除をして片付けて整理整頓をして、無駄なものを排除して部屋のスペースを有効活用したいときに経済的で大変おススメです。

弊社へも、何なりとお問い合わせしてみてください!法律や規律、環境問題等、全てをクリアーした適切な廃品回収を行っています。福岡県内においても様々な業者がいますが、狭いエリアで完結するのではなく、地球規模でクリーンな街づくりに努めていきたいと思います。福岡県内での廃品回収希望の方は是非ご連絡ください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP