タイヤの廃品回収も福岡テイトクへ

現在タイヤキャンペーン実施中!

home sitemap

タイヤの処分方法

福岡では自治体のゴミ回収で収集を禁止している物の中に自動車とバイクのタイヤが含まれています。一輪車や自転車用のものは除外されます。基本的には福岡以外の地方行政政府の各ごみ処理施設では処理できないので廃タイヤ問題が年々増加しています。大きさ、重量ともに桁違いとなっている為、厄介な問題です。特に、敷地面積に余裕がない場合は、その他の仕事にも悪影響が予想されます。

自動車が大衆化する過程の中でタイヤの消費量も増加して、きちんと廃品として処分されずに投棄される総量も比例していってます。放置されっぱなしのタイヤから発生する悪臭や虫の絶好の産卵場所となるためにボウフラが大量発生し疫病の原因の温床となったりします。また、火事を引き起こす着火ポイントとなっています。

違法業者等の内情を知る

そこで、専門の不用品回収業者に処分を依頼をする時は、違法業者を選択しないことが一番の重要ポイントとなります。 弊社では、正確に法律を遵守した上で適正な処理をして廃棄物として処分するだけではなく、可能な限りリユース化や再資源化を推し進めております。

リユースの例としましては、大型のタイヤの場合にはスポーツ公園などでの遊具や筋肉トレーニング用の再活用を推進しており、小型のものに関しましては教育機関や保育園のお花畑のガーデニング周りを装飾する物としての利用を一般化させております。例えば、小中学校の運動場等に、跳び箱としてのタイヤや、綱の一部として使用されてはいませんでしたでしょうか。と考えると、植物と土セットで廃棄が必要となるのです。 また、船の周りに装着させる緩衝材としてや、サンダルや草履として生まれ変わったりもしています。 リサイクルの一例としましては、提携会社と協力体制の下に、細かく原材料を仕分けした後にセメントや鉄材へとリサイクルを図っています。 また、各自動車メーカーとも連携を取りつつ再生タイヤとして蘇らせるようにしております。 特異な例としましては、海外や日本の芸術家の方々で、廃棄物を材料や題材にしてインスタレーション を制作されている方々に無償で譲渡した実績もあります。

このように、当社では現代の社会問題にも正面から積極的に向き合いつつ、不用品回収業者として業務と社会貢献を両立させる道を模索しております。 ただ処分するだけの時代は終焉しつつあり、出来る限り再資源化やレアメタルなどの再活用化に邁進しております。 他にも、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。ちなみに、当社では現在タイヤキャンペーン期間中です。比較的お安く回収させていただくことができますので、この期間に大量の廃棄をおすすめします。農機具や草刈機やトラックなどの特に大きなタイヤについては、早目に2tトラックを確保する必要もありますので、なるべく早めにご用命ください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP