廃品回収業者とのトラブルを避けるうえで!

業界情報を熟知しておきましょう。

home sitemap

廃品回収業者とのトラブル事例と対応策

不要になったり動作不良を起こした冷蔵庫や衣類乾燥機等の一般家庭電化製品、ベッドやマットレス等の寝具などなど廃棄。 ゴミ屋敷掃除や遺品整理まで依頼できる不要品収集業者は大変活用しやすいですね。 しかし、リサイクル業者と利用者間でのトラブルが頻発して発生している現実も看過出来ません。 その問題の大部分を占めていることが回収料金に関連している事象です。

事例としまして

  • 無償と宣伝していたのに、廃品をトラックの荷台に運び出した後で法外な金額を請求された
  • 見積書に提示してある金額よりもはるかに高額な処分料金の支払いを強制された
  • 正規のお金を支払って粗大ゴミを収集してもらったが、次の日に近所の空き地に登記してあるのを発見した
  • 依頼していない品物まで強引に軽トラに運び出し、その分の金額まで要求された

無償で処分すると宣伝している業者の大半は誠実さが欠如しています。 条例違反を犯している拡声器を使用した宣伝活動を行っているうるさい廃品回収車で住宅地を巡回している業者の大部分は無料で資源ごみの処分を行ってはくれません。 様々な理由を付けてはきちんと時には法外な料金を要求してきます。また、特長としても威圧的で半ば脅迫に近い形で処分料金の支払いを迫ってくる事例も数多く見られます。

再利用不可能なものにつきましては法律を遵守した上で適切に処理をするので、基本的に不要品回収にはお金がかかるものと認識していただければ幸いです。 その上で、明瞭な見積書の提示を要求することが非常に大事なポイントになります。

口コミ比較サイトを活用して業者選択の判断材料にしましょう!

ここでの重要な留意点は、偽者を偽者と見極める目が必要になります。ネットの世界で匿名で書き込める利点を悪用する業者も中には存在しますので、複数の口コミを読み判断してサクラを見抜く必要性があります。

時にはNOと言える日本人にならなくてはいけません!

どんなに威圧的な業者であれ、会社と言う看板を背負っている以上さすがに暴力は振るいませんが、見積書の金額に不服がある場合は、ちゃんと断ることです。食い下がる場合には、消費生活相談窓口に電話をしたり、警察治安当局に通報すると業者も何も出来ません。

最後に、当社の口コミページもご参考ください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP