廃品回収の福岡テイトクではTV(テレビ)処分します!

福岡市中央・南・城南・東・博多・西・早良区での廃棄、捨てる、捨てたい、回収はおまかせ!

home sitemap

テレビをリサイクルするということは

テレビをリサイクルするということは・・・

平成13年(2001年)4月、「家電リサイクル法」の施行により、特定の4種類の家電は、メーカーの回収義科とリサイクルが義務付けられました。

そのため以前のように、粗大ゴミとして出すことはできなくなり、消費者は再活用のためにリサイクル料金と運搬彫金を支払う必要が出てきました。

以前はほとんどの家電は粗大ごみ・不燃ごみとして最終処分として埋め立てられ、年間60トン以上になっていました。当然、埋め立てる土地にも限界があります。

そこで、家電に眠る資源を取り出し、最終的なゴミを減らすとともに、使える資源を再活用しようという循環型社会を実現のための取り組みです。

TVの処分は?

テレビもその対象となっており、処分には注意が必要です。年式、ブラウン管・液晶・プラズマなどすべてのテレビが対象です。もし、買い替えをお考えの場合だと、販売店が古いテレビを取ってもらうという方法もあります。

事前に確認した上で利用してもよいと思います。また、古いテレビを買ったお店がわかっていれば、そのお店で引き取ってもらう事も可能です。

他には、リサイクル券を購入の上、自治体の指定する業者に引き取りを依頼したり、自分で指定の場所へ運ぶこともできます。比較的新しく、使用可能なものはリユース・リサイクルのお店に持っていくことも可能です。

しかし、注意が必要なのが、街中をトラックで無料で回収しますと巡回している回収業者は、家電を不適切・不法な方法で処理し、環境汚染を」引き起こしたり、不法に海外に輸出される恐れもあります。

テレビをリサイクルするという事は、循環型社会のための役割を果たすことでもあります。その為、適切・適法な処分をするこが求められます。

当社では、リユース・リサイクルに特に力を入れており、消費者の皆様に変わって、重いテレビの運び出しから、汚れ落とし、整備、そして家電リサイクル法に沿った処分をいたします。そうすることで、消費者の皆様は当社を通して循環型社会を担う役割を果たすことになるのです。当社とお客様は、あたらしい循環型社会という未来を作り上げるパートナーです。福岡市内の皆様、お気軽にご連絡を!その他の地域において、春日・筑紫野・太宰府市・筑紫郡の皆様はこちら宗像・古賀市・糟屋郡の皆様はこちら

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP