廃品回収にて福岡県全域をサポートします。

買取・回収のご相談はお気軽に!

home sitemap

使用済み家電電化製品廃棄物

リサイクルの近年の動向とレアメタルの日本での回収について

レアメタルの効率的な資源循環は、産業化した社会において経済的にも政治的にも最も重要なことであります。電子機器廃棄物におけるレアメタルや貴金属は個別に回収されるべきであり、高度な処理がされ、ハイテク材料の生産のための原料として供給されるべきであります。

日本では、家電リサイクル法が2001年に設立され、母材(鉄、アルミニウム、銅、などなど)プラスティック、フロンの回収がされ、テレビやエアコン、洗濯機や冷蔵庫などの大型電気機器がその法律の対象となっていきました。

長期的な議論の結果、小さな家電製品に関するリサイクル法が2013に制定され、携帯電話やデジタルカメラ、パソコンのプリンター、DVDプレイヤー、ゲーム機器などからのレアメタルや貴金属の回収を目的としています。一方、産業廃棄物の中にはレアメタルを含むものがたくさんあります。

典型的な廃品のカテゴリー

  1. メッキ工場や下水処理産業の廃水
  2. 電子基板の電子機器廃棄物や家庭用機器、様々な種類のバッテリー
  3. 自動車や工具、構造材料
  4. 焼却炉、溶鉱炉、発電所から出る廃棄品

しかし、これらの産業廃棄品の中の微量なレアメタルは意図的には抽出されておらず、埋め立て式ゴミ処理場に廃棄されることが当たり前になっています。

レアメタル回収複合体(RMRC)という新たなコンセプトが、レアメタルを含む廃棄品を回収と、それらをシステム化された複合プラントで機械処理や手作業、薬品処理するために、派生しました。この機関を日本では、都市鉱山と呼び、エネルギーの最小限の利用や粉砕するための試薬、レアメタルの分別化や浄化処理を可能とします。近年の日本でのレアメタルのリサイクルの処理推進に、弊社も地球環境、地域環境保全に法律を遵守したうえで貢献してまいります。 何なりとご用命ください。

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP