洗濯機もフル活用し、処分しましょう

家電を大切に活用しましょう!

home sitemap

洗濯機を新たに購買するタイミングはいつ?

全自動洗濯機や電気乾燥機は私たちの生活の一部になっている家庭用電気機器です。桃太郎などの昔話に出てくるように、昔は我が国では川に木製の桶と洗濯板と汚れた衣服類をを持っていき洗浄していました。 現代も、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫が三種の神器として登場してくる戦後のある時期までは、洋服や着物を洗うという作業は風呂焚きと同等に多大なエネルギーを必要として家庭の仕事としては一番、疲労度が高かったのではないでしょうか?

それに、保湿の観点からも手が荒れたり、真冬の作業では皸にも悩まされていたと聞いています。 このような重労働から私たちを解放してくれた電気洗濯乾燥機は私たちの生活に必要不可欠なものとなっています。

今回は、その買い替え時期や耐用年数等をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

種類で選別

体系的に診断していきます

  1. 縦型のトラブル無く使用できる期間は、約8年未満
  2. ドラム式はおよそ3000回前後

最近は見かけませんが、二槽式はシンプルに製造されているために10年以上も耐えられる設計になっています。ただし、これはあくまでもある一定の基準ですので、使用方法や修繕頻度や年式によって大きくこの幅はぶれます。 ただ、基本的に運用回数に比例して消耗度も増加しますので寿命も短縮します。

製品が動作不良を引き起こす前に発生する可能性のあるトラブルは?

現在発売されているモデルは大半がコンピュータで管理運転されています。 この部分に不備が発生すると、動作不良を起こして製品が反応しなくなります。電気と水は相性が悪いので、頻繁に散見される原因です。

排水ホースの経年劣化等により、ゴミが詰り正常に動作しなくなる問題も再三聞きます。どうしても性質上、汚れを洗浄して排水する必要性があるので職業病のようなものですね。ただ、この件に関しては代替えのホースをホームセンターで購入すれば解決できるので、経済的にも安心ですね。

このように自分で修理できない場合を除外して、根本的に各メーカーにメンテナンスを依頼してみて、修理費用と相談してみることをおススメ致します!

このようにタイミングや不良時期や内容によって当社のような廃品回収業者に依頼すべきか、継続使用すべきかを判断してください。加えて、上記の細かな症状によって判断してください。当社も回収に関わっていますが、原則物を大切にし再利用することを念頭に置いています。リユースやリサイクル精神が最も大切です。福岡市内の皆様はこちらから、その他の地域において、春日・筑紫野・太宰府市・筑紫郡の皆様はこちら宗像・古賀市・糟屋郡の皆様はこちら

詳細(キーワード)検索

マニフェスト 大型・粗大ゴミ 遺品整理 コンプライアンス リサイクル オフィス家具・事務用品 引っ越し 金属スクラップ レアメタル エアコン 洗濯機 冷蔵庫 加湿器 電子レンジ 家電・電化製品 バッテリー 空き・アルミ缶 段ボール 耐火金庫 掃除機 ドライヤー タイヤ 

PAGE TOP